最新の取り組み

職員交流会

6月14日(金)、Zoomで職員交流会を行いました。職員交流会は、法人内の常勤職員が毎月発表担当となり、それぞれの事業所での体験報告や活動紹介、支援技術の共有などを行っています。

今回のテーマは、「放デイの困難事例の取り組み~長くかかわり続けること~」でした。小学1年生から高校3年生までかかわり続けたケースについて、事業所での取り組みや家庭連携、関係機関連携などを報告しました。

12年間かかわり続けた中でよかったと感じたことは、事例を通して学ばせてもらえたこと、本人や保護者との信頼関係が深まったこと、様々な経緯を知ったうえで意見を出すことができたこと、結果が見えにくいことも多いが好転する場面を共有できたこと、成人期のサービスにつなげることができたことなどがありました。しかし、本人の障がい特性の理解や支援技術の不足から適切な支援ができなかった場面も多々あり、反省や今後の課題となりました。

30分という短い時間ですが、情報共有や学びの月1回の貴重な時間となっています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 7月3日(水)10時~12時、新居浜市総合福祉センターにて、新居浜市消費者センターの方をお招きし、出...
  2. ぴあ・いろはプラスの児童発達支援では、6/17~6/21の期間にお買い物ごっこをしました。
  3. 2024.7.2

    七夕飾り
    放課後クラブぴあ・療育ルームいろはでは、毎年恒例の七夕飾りを作っています。

カテゴリー

アーカイブ