最新の取り組み

10月行事「ハロウィンお面作り」

10月といえばハロウィンというイメージが定着するほど、あちこちでハロウィンイベントが開催されるようになりましたね。かぼちゃのお化け「ジャック・オ・ランタン」を目にする機会が増え、子どもさん達もハロウィンに興味を持ち始めているのではないでしょうか。

そこで、ぴあ・いろはプラスの児童発達支援では、ハロウィンのお面作りに挑戦しました。子どもさん達一人一人の理解度に合わせて、めくりタイプの手順書を利用したり、作業の写真やパーツの入った箱を上から順番に取っていくワークシステムを利用したり、印に合わせてパーツを貼るマッチング形式で進めていったりしました。

完成後は、お面を付けての写真撮影です。恥ずかしそうにする子どもさんや、モデルのように様々なポーズを決めてくれる子どもさんなど、カメラを向ける職員もとても楽しい撮影会となりました。印刷した写真を保護者の方にお渡しすると、「わぁーかわいい!」ととても喜んで下さり、ハロウィンの可愛い思い出が作れたかなと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 放課後クラブぴあでは、お手伝い(家事的なこと、事務的なことなど)で報酬を貯め、一定金額になったら、個...
  2. 6月5日、第102回ゆいねっとStudy倶楽部を開催しました。
  3. 放課後クラブぴあでは、個別に家事練習で報酬の仕組みを学んでもらう取り組みをしています。

カテゴリー

アーカイブ