最新の取り組み

福笑い

療育ルームいろはでは、福笑いをしました。好きな台紙の顔を選んでもらい、顔のパーツを思い思いに貼りました。動物やひょっとこなど、目や口の位置をよく考えていました。それぞれかわいい、愛嬌のある顔に仕上がり、職員もつい笑ってしまいました。年明けから、笑いあふれる時間となりました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 児童発達支援では、おあつまりのおたのしみで、職員と一緒にカードマッチング遊びをしました。
  2. 5月の土曜開所のお楽しみは、ツナマヨネーズサンドイッチ作りでした。
  3. おあつまりのおたのしみで、職員と一緒に粘土遊びをしました。

カテゴリー

アーカイブ