最新の取り組み

継続的な買い物実習

放課後クラブぴあでは、お手伝い(家事的なこと、事務的なことなど)で報酬を貯め、一定金額になったら、個別に買い物実習に出かけています。貯める金額や何を買うか、どこの店で買うかは、利用児さん一人一人の希望を聞いて実施しています。

今回は、500円貯めてスーパーでお菓子を買いに行きました。お目当ての駄菓子コーナーで、じっくり品定めしながら買い進めていきました。職員が携帯電話の電卓で【あといくら買えるか】金額を示すと、「まだ買える!」「数字が3つ(3桁のこと)のより、2つ(2桁のこと)の方が安い」、「これ初めて見たけん、買うてみる。」「安いやつはいっぱい買える」と目を輝かせながら職員に伝えてくれました。継続的に行うことで、金銭感覚や商品の品定めがどんどん身についているように感じ、何より笑顔が充実感を物語っています。

事業所に帰ってからも、「500円あったらいっぱい買えるけん、また500円貯める!」と次の目標も即決でした。お小遣い帳の計算もがんばりました。意欲的に取り組めているので、今後も楽しみです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 放課後クラブぴあでは、お手伝い(家事的なこと、事務的なことなど)で報酬を貯め、一定金額になったら、個...
  2. 6月5日、第102回ゆいねっとStudy倶楽部を開催しました。
  3. 放課後クラブぴあでは、個別に家事練習で報酬の仕組みを学んでもらう取り組みをしています。

カテゴリー

アーカイブ