最新の取り組み

クリスマスブーツ作り

 12月10日から12月14日の一週間で、療育ルームいろはではクリスマスブーツ作りを行いました。クリスマスブーツにシールフェルトを自由に貼っておしゃれなブーツに仕上げました。

 いろはでの活動すべてにおいて大切にしていることの一つは、自立的に活動できるよう事前準備を丁寧にし、自分でできることは自分で挑戦してみようという気持ちをもってもらうことです。

 また、難しいわからないと思ったときは自発的に「手伝ってください」等のコミュニケーションカードを職員に手渡し、安心して最後まで取り組んでみようという気持ちをもってもらうことです。

 今回の製作でも、自立で取り組む子、ヘルプを出して取り組む子、どの子もステキなブーツを仕上げることができていました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先日、特定非営利活動法人子育てネットワークえひめさんより、愛媛県女性相談支援事業の一環として、放課後...
  2. 11月26日(金)18:30~20:30に川崎医療福祉大学 自閉症特別講座をzoomにて受講しました...
  3. ぴあ・いろはプラス(放デイ)では、11月の行事で、電子レンジやオーブントースターで軽食作りをしました...

カテゴリー

アーカイブ