最新の取り組み

クリスマスブーツ作り

 12月10日から12月14日の一週間で、療育ルームいろはではクリスマスブーツ作りを行いました。クリスマスブーツにシールフェルトを自由に貼っておしゃれなブーツに仕上げました。

 いろはでの活動すべてにおいて大切にしていることの一つは、自立的に活動できるよう事前準備を丁寧にし、自分でできることは自分で挑戦してみようという気持ちをもってもらうことです。

 また、難しいわからないと思ったときは自発的に「手伝ってください」等のコミュニケーションカードを職員に手渡し、安心して最後まで取り組んでみようという気持ちをもってもらうことです。

 今回の製作でも、自立で取り組む子、ヘルプを出して取り組む子、どの子もステキなブーツを仕上げることができていました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 3月10日(日)、徳島県徳島市にある天満病院にて、ASD ヴィレッジセミナー主催のソーシャルストーリ...
  2. 2019.3.20

    避難訓練
    3月13日10時から、新居浜市総合福祉センター内で地震発生を想定した避難訓練がありました。
  3.  3月2日(土)~3月3日(日)、岡山市にて、PECSレベルⅠワークショップ研修に参加してきました。

カテゴリー

アーカイブ