最新の取り組み

TTAP(TEACCH自閉症スペクトラムの移行アセスメントプロフィール)

 先日、TTAP(TEACCH 自閉症スペクトラムの移行アセスメントプロフィール)という検査について、職員研修をしました。いろはで行っている、PEP3検査よりも対象の年齢が上で、学校から成人生活への移行のための検査評価法です。職業スキル・職業行動・自立機能・余暇スキル・機能的コミュニケーション・対人行動などを見ていく内容になっています。対面検査による直接観察尺度と居住場面(家庭尺度)、学校、職場場面(学校/事業所尺度)での様子を問診により評価するといった3つの環境条件で評価を行います。

PEP3と比較すると、教材や、検査手順が増えて提供する自分たちが十分にシミュレーションを重ねて把握し、理解していないといけないと感じました。また、一人で学ぶよりも複数で学び合う方が、一人だと思い浮かばない気づきを知ることができたので、良い学びの時間になったと思います。自分たちの理解を深めて、支援に生かされるように繰り返し学んでいきたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 9/12(月)~9/16(金)の期間に児童発達支援では、おあつまりのおたのしみ活...
  2. 2022.9.28

    買い物実習
    放課後クラブぴあでは、保護者と利用児さんと相談して、事業所でお手伝いや家事スキルの練習をして、報酬を...
  3. 2022.9.28

    秋の寄せ植え
    放課後クラブぴあでは、ぴあ・いろはプラスの玄関の花の寄せ植えを秋の花に植え替えに行きました。

カテゴリー

アーカイブ