最新の取り組み

好きなことでコミュニケーションアップ

療育ルームいろはでは、シャボン玉遊びが流行っています。自分で吹いて楽しむ子、職員に吹いてもらってシャボン玉を触ることを楽しむ子、それぞれの楽しみ方で遊んでいます。自分で吹ける子は、吹く息を調節して、小さいシャボン玉をたくさん出したり、大きいシャボン玉を作ったり、変化つけて遊んでいます。大きなシャボン玉ができた時、職員に見てもらいたくて、自然と「できた、できた!」とはっきり伝わる声で発信できていました。職員に吹いてもらいたい子は、小さいシャボン玉をたくさん吹いてもらいたいため、イラストの要求カードを見分けて、積極的に職員に渡してくれます。
また、スケジュール1コマで使用していた子は、2コマにして「○○やったら、シャボン玉」と見せると、1コマ目の活動をすすんでこなすことができるようになりました。また、スケジュールカードも、シャボン玉だけはイラストカードでばっちり理解しています。
モチベーションを持てる好きな活動があることで、受容のコミュニケーションも発信のコミュニケーションも飛躍的に伸びることを、子どもたちが身をもって教えてくれました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.12

    ヨーヨー釣り
    8/4(木)~8/10(水)の期間に児童発達支援では、『ヨーヨー釣り』をしました。
  2. ぴあ・いろはプラスの児童発達支援では、7月から水遊びをしています。
  3. ぴあ・いろはプラスでは、8月3日に利用の子どもさんと一緒に避難訓練・消防訓練を行いました。

カテゴリー

アーカイブ