最新の取り組み

コミュニケーションの発信

ワークチームゆいの生活介護では、PECSを使ってコミュニケーションの発信の支援をしています。
おやつや好きな活動の選択、手伝ってほしい時など自発的にスタッフに確実に伝えることができるようにコミュニケーションカードを準備して練習しています。
おやつの好きなメンバーさんは、おやつの場面でほしい物がスムーズに伝えられるようになりました。どのお菓子をどれくらいくださいとPECSカードを使ってスタッフに伝えてくれます。

自分の希望を伝えることができるという実感につながると良いなと思います。
わたしは初めおやつセッションで、『おやつを自分で選ぶ』ということに驚きました。
『決められたものを食べる』という考えが長年当たり前になってしまっていたのだということに気付かされました。
生活の中に選択の機会が用意されており、自分で選ぶことができるのは大切なことですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 放課後クラブぴあでは、お手伝い(家事的なこと、事務的なことなど)で報酬を貯め、一定金額になったら、個...
  2. 6月5日、第102回ゆいねっとStudy倶楽部を開催しました。
  3. 放課後クラブぴあでは、個別に家事練習で報酬の仕組みを学んでもらう取り組みをしています。

カテゴリー

アーカイブ