第44回ゆいねっとstudy倶楽部

 6月4日、第44回ゆいねっとstudy倶楽部を行いました。15人の方が参加してくださり、『家事スキルの取り組みについて』というテーマで事業所の取り組みの紹介や成人の方の構造化を取り入れた生活の様子のVTRを見たり、グループで自宅での取り組みについて話し合いをしたりしました。
 家事スキルの取り組みを自宅で行うときには、スケジュールや物理的構造化、ワークシステムや視覚的構造化やルーチンを使って準備することが必要であることを確認しました。見て理解することが得意な特性を持たれている方は、手順書やジグを使用して取り組むとわかりやすく成功体験につなげることができます。
 また、目的としては、身辺自立の向上はもちろんのこと、家族の中での役割や貢献の意識を育てたり、自由な時間を有効な活動で過ごすことや、働くことと報酬の仕組みを学んでもらうためなど、様々な目的が家事スキルの取り組みに含まれています。
 参加者の方からは、「皆さんの取り組みが参考になり、自宅でもやってみたくなりました」「親がさせたいことではなく、子どものやれること、興味関心のある分野から取り組むとよいことがわかった」「家事スキルは将来の自立に向けて大切だということがわかりました」「スケジュールや手順書を使ってみようと思います」などの感想が寄せられました。

44回 Study倶楽部

Read More

職員交流会

交流会(PECS)

5月24日に職員交流会がありました。
今回の内容は、PECSの練習。
PECSとは、絵カード交換式コミュニケーションシステムです。
相手に何かを要求するときに絵カードを渡すことで相手に分かりやすく伝えられることが出来ます。
実際に、放課後クラブぴあでPECSを使っておやつのセッションをしているVTRでプロンプトの動きやおやつの提供のやり方を見た後、職員同士でPECSを使いおやつのセッションをしました。
支援の中でも使っているので、こういう場合はどうしたら?と意見もあり職員同士で情報共有ができよかったです。

Read More

防犯訓練

 6月1日、ぴあいろは合同職員会にて、防犯訓練を行いました。新居浜市警察署生活安全課から2名の警察官の方に来ていただいて、職員11人で防犯訓練を行いました。
 まず、不審者に手をつかまれたり後ろから抱きつかれた時の逃げ方を教わりました。手を引く向きを工夫して勢いよく振りほどく方法や、両手を合わせて相手の顔めがけて突くようにして振りほどく方法など、女性でもできそうな方法を教えていただき、2人1組になって実践してみました。また、身近な携帯電話、傘などを使って目や鼻、急所などを攻撃すると逃げられるということを教えていただきました。不審者には近づかない、施錠できる室内に逃げる、早く110番に電話することが優先であることを再確認しました。そのためには、職員間で役割分担をしっかり行い、自分の役割をきちんと把握しておくことが大切であると思いました。
 ぴあいろはでは、防犯のため入り口の扉は利用児さんの利用中は常に施錠されていますが、送迎時は解放されており、複数の保護者の方や利用児さんが靴箱付近にいる場合があります。いざという時には、職員が的確に保護者に指示を出し、利用児さんの安全確保と非難誘導ができるように、複数で対応したいと思います。また、事業所の近くに来られている方にはこちらから挨拶などで声かけを行い、防犯を意識した取り組みを行いたいと思います。

防犯訓練

Read More

フォトフレームづくり

 3月の行事として、放課後クラブぴあ、療育ルームいろはではフォトフレームづくりを行いました。

 いろはの子どもさんたちはいろいろな形のシールフェルトを台紙からはがし、フレームの部分に貼り付けて完成です。あらかじめシールフェルトの台紙の一部をはがしておくことで、小さな子どもさんも手順書を見ながら一人で作ることができました。
 シールフェルトは2つの選択肢から選んでもらったのですが、形をよく見比べ、気に入った方をフレームに貼り、ご自慢のフォトフレームを完成させていました。
 保護者の方からもお褒めの言葉をもらい、フレームに飾る写真を相談しているご家庭もありましたよ。

 ぴあの子どもたちは、手順書に沿ってカットフェルトをボンドで貼り付けました。みんな手順書には沿いながらも直感的にどんどん貼っていく子どもさんもいれば、フェルトの配置をじっくり考えながら貼っていく子どもさんもいて、各々の個性と工夫のあふれるフレームが完成していました。

 年度の締めくくりである3月に思い出を飾るフォトフレームづくりは、保護者の方にもとても好評でした。進級、進学など子どもさんたちもいろいろな変化を迎えるこの季節。子どもさんたちをサポートしながら、成長していく姿を見られることをうれしく思います。

フォトフレーム1

フォトフレーム2

Read More

変化に備える

 春は変化の季節ですね。教室やクラスのメンバーが変わる、就学して生活リズムが変わるといった大きな切り替えには不安を感じる方が多いようです。大人でも、初めての経験や慣れ親しんだ環境からの変化にはドキドキしますよね。放課後クラブぴあ・療育ルームいろはでは、お子さんの進級や進学、就学等に合わせて見通しがもてるよう支援を行っています。
 ぴあでは、保護者の方と相談しながら個別に予告のプリントを用意しています。『小学校と中学校の違いについて』『制服について』『時間割について』『休み時間の過ごし方』『高等部の作業班』など、項目ごとにSSTで具体的な内容を知らせています。進学に向けて、半年程かけて少しずつお知らせしていくこともあります。事前にわからない情報に関しては、予想を記入し、入学(進級)後に実際はどうなのかを振り返って確認しています。
 いろはでは、ご利用最終日の帰りに『いろはカード』を『おわりボックス』に入れることで、いろはの終わりを知らせています。イラストや図がわかりやすい方には、個別に用意したプリントでいろはの終了を説明しています。
 前もって情報を知らせたり、利用の終わりを見える形で知らせるたりすることで、少しでも変化への不安を和らげることができればと思っています。

変化1

変化2

Read More