フォトフレームづくり

 3月の行事として、放課後クラブぴあ、療育ルームいろはではフォトフレームづくりを行いました。

 いろはの子どもさんたちはいろいろな形のシールフェルトを台紙からはがし、フレームの部分に貼り付けて完成です。あらかじめシールフェルトの台紙の一部をはがしておくことで、小さな子どもさんも手順書を見ながら一人で作ることができました。
 シールフェルトは2つの選択肢から選んでもらったのですが、形をよく見比べ、気に入った方をフレームに貼り、ご自慢のフォトフレームを完成させていました。
 保護者の方からもお褒めの言葉をもらい、フレームに飾る写真を相談しているご家庭もありましたよ。

 ぴあの子どもたちは、手順書に沿ってカットフェルトをボンドで貼り付けました。みんな手順書には沿いながらも直感的にどんどん貼っていく子どもさんもいれば、フェルトの配置をじっくり考えながら貼っていく子どもさんもいて、各々の個性と工夫のあふれるフレームが完成していました。

 年度の締めくくりである3月に思い出を飾るフォトフレームづくりは、保護者の方にもとても好評でした。進級、進学など子どもさんたちもいろいろな変化を迎えるこの季節。子どもさんたちをサポートしながら、成長していく姿を見られることをうれしく思います。

フォトフレーム1

フォトフレーム2

Read More

変化に備える

 春は変化の季節ですね。教室やクラスのメンバーが変わる、就学して生活リズムが変わるといった大きな切り替えには不安を感じる方が多いようです。大人でも、初めての経験や慣れ親しんだ環境からの変化にはドキドキしますよね。放課後クラブぴあ・療育ルームいろはでは、お子さんの進級や進学、就学等に合わせて見通しがもてるよう支援を行っています。
 ぴあでは、保護者の方と相談しながら個別に予告のプリントを用意しています。『小学校と中学校の違いについて』『制服について』『時間割について』『休み時間の過ごし方』『高等部の作業班』など、項目ごとにSSTで具体的な内容を知らせています。進学に向けて、半年程かけて少しずつお知らせしていくこともあります。事前にわからない情報に関しては、予想を記入し、入学(進級)後に実際はどうなのかを振り返って確認しています。
 いろはでは、ご利用最終日の帰りに『いろはカード』を『おわりボックス』に入れることで、いろはの終わりを知らせています。イラストや図がわかりやすい方には、個別に用意したプリントでいろはの終了を説明しています。
 前もって情報を知らせたり、利用の終わりを見える形で知らせるたりすることで、少しでも変化への不安を和らげることができればと思っています。

変化1

変化2

Read More

救急救命講座

 3月16日(金)ぴあいろは職員会にて救命救急講座を受講しました。新居浜市北消防所の職員の方4名にお越しいただき、心肺蘇生法や人工呼吸法、AEDの使用方法、止血法などを教えていただきました。全員が順番に実際に体験させていただき、人工呼吸のコツや心臓マッサージの速さ、AEDを使用するときの注意点、直接圧迫法による止血の強さなど具体的に詳しく説明していただきました。日頃は2歳の幼児から18歳までの学齢期の幅広い年齢層の子どもたちとかかわっているため、年齢に応じた救命救急の方法も質問しながら体験しました。
 今までも何度か講座を受けていますが、救急車が到着するまでの手順だったり、携帯電話で通報し状況を救急隊員と共有しながら処置を進めていくことなどを確認したり、初めて知ることも含まれていて、大変充実した講座になりました。
 いざというときの対応を職員全員で体験することで、実際の場面では役割分担や協力体制を整えて素早く適切に対応できる自信がつきました。

救急講習

2救急講習

救急講習3

Read More

藤岡先生講演「自閉症スペクトラムを持つ人との接し方」

 2月24日(土)、松山市にて第3回愛媛県発達支援通園事業職員研修会が行われ、放課後クラブぴあ・療育ルームいろはの職員が参加しました。今回の研修は、つばさ発達クリニック院長の藤岡宏先生による講演「自閉症スペクトラムを持つ人との接し方」でした。

 講演は、午前午後を通して自閉症スペクトラムの特性に基づいた支援の方法や関わり方についてのお話しで、すぐに支援に取り入れられるアイデアや職員・保護者の方と共有したい内容が盛りだくさんでした。具体的な事例や構造化の写真、イラスト等を交えながらのお話はたいへん分かりやすく、「人は皆構造化に助けられている」ということを改めて実感しました。

幼児期や学齢期のお子さんに関わっていると「社会に出たら、視覚支援なんてないから…」という言葉を耳にすることがありますが、日常の風景の中にも沢山の構造化があります。

道路標識、横断歩道、トイレのマーク、コンビニの看板、番組表、料理のレシピなどなど、誰もが気づかないうちに視覚情報に助けられていて、当たり前になっているそれらが無くなると、とても不便で不安な生活になるだろうと想像できます。

そして、もっと構造化を必要とする人たちが安心して暮らせるように、今後も保護者の方や関係機関と連携してより良い支援を考えていきたいです。

今回の貴重な学びを、日々の支援や職員のスキルアップに生かしていきます。

YUSENPAS008562_TP_V

Read More

ドーナツ作り(ぴあ)

 放課後クラブぴあでは、2月5日(月)~9日(金)電子レンジを使ってのドーナツ作りをしました。

子どもたちが自立的に作れるよう、めくり式の手順書と材料を小分けにして一人分にした材料を用意して行いました。
 ドーナツ作りは好評で、みんな美味しそうに食べていました。

手順書を使うことで「1枚ずつ順番にめくっていって、写真の通りにしていくとドーナツができあがる。」といった成功体験を日常生活の色々な場面で経験していくことが大切だと考えています。

ドーナツ_

Read More