最新の取り組み

『再構造化』

6月24日、放課後クラブぴあの余暇エリアの再構造化を行いました。利用児さんたちがそれぞれの余暇を集中して楽しめるよう、またスケジュールに提示されたエリアに適切に移動できるようにという目的で行いました。
 ラティスを組みなおして個別ブースの入り口を作ったり表示を貼ったりしました。視野を調整するためにラティスにプラダンを貼ったり、プラダンの切り口や結束バンドの端にテープを張り安全対策にも気を付けました。
 お子さんの興味関心の変化や落ち着いてスペースを共有するためには、日々のアセスメントをもとに定期的に再構造化の検討をすることが大切であると思いました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021.10.14

    本のご紹介
    放課後クラブぴあには、様々な書籍があります。時間がある時に、職員も読んでいます。
  2. 2021.10.14

    Iパッドの活用
    放課後クラブぴあ/療育ルームいろはでは、放課後等デイサービスの1年生を中心に、Iパッドを使用して言葉...
  3. ぴあ・いろはプラスの放デイでは、高等部卒業後の社会生活を見据えて、施設外で実習を始めている子どもさん...

カテゴリー

アーカイブ