最新の取り組み

恐竜の絵

療育ルームいろはでは、一人一人のお子さんの興味、関心に合わせていろいろな体験をしてもらっています。

恐竜が好きな子から「恐竜を描きたい」という発信があったので、紙と鉛筆を用意しました。上手に紙に恐竜を何体も描いたので、そのままではもったいないと思い、絵の具で色を付けてもらいました。絵の具で色を塗る体験をしてもらうことができました。

翌週の利用時は絵の具も乾いていたので、台紙を用意しました。描いた恐竜の裏に両面テープをつけておいたので、好きなところに貼ってもらいました。シールを台紙から剥がして貼る体験をしてもらうことが出来ました。

自分の描いた絵がいろいろな工程を通って1つの作品となっていく経験をしてもらうことも出来ました。

これからも個々に合わせて興味のあることから、様々な体験へと繋げていけるようにしていければと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  【新居浜市北内町】特定非営利活動法人ゆいねっと新居浜における共同生活援助(介護サービス包括型)グル...
  2. 児童発達支援では、おあつまりのおたのしみで、「かたつむり作り」をしました。
  3.  6月27日(月)に、感覚プロファイル短縮版について、ぴあ・いろはプラスの職員で勉強会をしました...

カテゴリー

アーカイブ