最新の取り組み

「家事練習で報酬の仕組みを学ぶ」

放課後クラブぴあでは、個別に家事練習で報酬の仕組みを学んでもらう取り組みをしています。洗濯干し、ほうきを使った掃き掃除練習、トングを使ったごみ拾い練習、ペットボトルのラベルをはがして分類する練習、牛乳パックを切ってリサイクルに出す練習、食器洗いの練習などです。

利用児さんたちは、職員のモデルを見たり、ジグの使い方を教えてもらい、体験のスタートです。日ごろの自立課題の操作などのアセスメントから、お子さんたちがすぐに自立でできるようになりそうな作業を個別に選んで提供しています。

作業が終わったら、報告をしてもらい、1回10円の報酬を手に入れます。お小遣い帳で金銭管理し、一定金額になったら個別にお買い物実習へ出かけます。貯めたお金で買い物をすると、どのお子さんも生き生きとしています。【働く→報酬を得る→買い物をする】を実感してもらえているようです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 放課後クラブぴあでは、お手伝い(家事的なこと、事務的なことなど)で報酬を貯め、一定金額になったら、個...
  2. 6月5日、第102回ゆいねっとStudy倶楽部を開催しました。
  3. 放課後クラブぴあでは、個別に家事練習で報酬の仕組みを学んでもらう取り組みをしています。

カテゴリー

アーカイブ