ぴあ・フルーツポンチ作り

フルーツポンチ

 放課後ぴあでは、4月17日(月)から4月23日(土)にフルーツポンチ作りをしました。今回も自立的に作れるようにめくり式の手順書を用意しました。
フルーツはバナナ、みかん、メロン、ジュースはサイダーとカルピスを用意しました。
それぞれ、なにを入れるか決める視覚支援ジグを用意して、カードを使って何を入れるか自分で決めて職員に知らせることができました。また、手順も、フルーツやジュースをコップに入れるだけだったのでお菓子作りに参加するお子さんも上手にできていました。
 4月に入り、日中は暖かい日もあり、冷たいフルーツポンチがおいしそうでした。

Read More

コンサルテーション

コンサルテーション

 ゆいねっと新居浜では、定期的に外部コンサルテーションを受けています。今回は4月14日に行いました。
 まず、ワークチームゆいの生活介護と就労継続B型では、個別支援の現状報告を行いました。前回アドバイスをいただいた課題への取り組み状況を報告し、さらに改善のアドバイスをいただきました。また、仕事と報酬の取り組みを始めたメンバーさんについて、保護者に協力をお願いしながら、本人が事業所でできるスキルを保護者と地域で般化するときのポイントなどを丁寧に教えていただきました。
 療育ルームいろはでは、室内の構造化と活動の提案や、スケジュール支援の提案など、子どもたちの様子を見ていただきながらアドバイスをいただきました。子どもたちの動きが自立的になっているか、職員のかかわり方が自立を促す動きになっているか、一人一人の今の状態に合った支援グッズの提供ができているかなど、具体的に見ていただきました。
 外部コンサルテーションを受けることによって、より専門的な視点や私たちが思いつかなかった考え方でアドバイスをいただくことができます。また、国内や県内の福祉に関する情報などをお聞かせいただくことができます。
 今後も支援の見直しや学びのために、コンサルテーションを受け、支援に生かしていきたいと思います。

Read More

5月6月のStudy倶楽部のお知らせ

h29.5‗第31回studyクラブチラシ(掲示用)  h29.6‗第32回studyクラブチラシ(掲示用)

5月・6月のStudy倶楽部は特別講師をお呼びしての開催です。

5月8日(月) 「成人期えお見据えた支援について」 井原佳代氏(社会福祉法人 澄心)
6月5日(月) 「自閉症の障がい特性と合理的配慮」について 桑原綾子氏(特定非営利活動法人ライフサポートここはうす)

★自閉症の特性ってどんなこと?
★その人にとって必要な合理的配慮って何?
★生涯にわたる支援ってどうすればいいの?
★成人期へ向けた支援って何を準備しておけばいいの?

…などなど、盛りだくさんの内容です!
当事者の方、支援者の方、保護者の方、どなたでも参加可能ですので、お気軽にお問い合わせください♪

Read More