最新の取り組み

Iパッドの活用

放課後クラブぴあ/療育ルームいろはでは、放課後等デイサービスの1年生を中心に、Iパッドを使用して言葉や数、文字に親しんでもらえるような活動を個別に準備しています。

例えば、出てきたイラストの名前を答えるもの、ひらがなの書き順を確認するもの、かわいいイラストが動いて足し算や引き算を考えるものなどです。カラフルな動くイラストや文字が興味をそそり、導入を始めたお子さんたちはみんな集中して楽しみながら体験してくれています。

職員間でも使用方法や実施しているお子さんの情報を共有する機会を持ちました。今後、就学を控えた児童発達支援の年長児さんにも体験してもらいたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先日、特定非営利活動法人子育てネットワークえひめさんより、愛媛県女性相談支援事業の一環として、放課後...
  2. 11月26日(金)18:30~20:30に川崎医療福祉大学 自閉症特別講座をzoomにて受講しました...
  3. ぴあ・いろはプラス(放デイ)では、11月の行事で、電子レンジやオーブントースターで軽食作りをしました...

カテゴリー

アーカイブ