最新の取り組み

生き物に親しむ

ぴあ・いろはプラスでは、職員さんが家庭からアゲハチョウの幼虫やカブトムシを持って来て、利用児さんたちに観察してもらっています。

アゲハチョウの幼虫は、レモンの木に卵を産みに来ます。卵からかえった幼虫は、もりもりレモンの葉っぱを食べ、どんどん姿を変え、幼虫からさなぎになりました。あとは、蝶になるのを待つばかりです。カブトムシは、木にとまったり、昆虫ゼリーを食べています。

利用児さんの中には、昆虫に興味を持ち、図鑑を見ることが好きな子がいます。本物の昆虫を目の前にして、とても熱心に眺めていました。蝶になるのが今から楽しみです。

生き物の生態や姿に触れ、より興味を持ってもらえたら良いなと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先日、特定非営利活動法人子育てネットワークえひめさんより、愛媛県女性相談支援事業の一環として、放課後...
  2. 11月26日(金)18:30~20:30に川崎医療福祉大学 自閉症特別講座をzoomにて受講しました...
  3. ぴあ・いろはプラス(放デイ)では、11月の行事で、電子レンジやオーブントースターで軽食作りをしました...

カテゴリー

アーカイブ