最新の取り組み

焼きドーナツ作り

2学期が始まり、少し疲れもあった利用者さん。学校の様子なども聞きながら少しおしゃべりをしていると、表情も和らぎ、事前に伝えていた焼きドーナツ作りに参加することができました。

最初に保護者の方に準備していただいた、ホットケーキミックス、牛乳、卵の順に混ぜてドーナツのタネを作りました。次に、ドーナツプレートに流し込み、時々焼き具合を確かめました。焼いている時間は、「タネを入れすぎたので、次は減らしてみよう」や「もう少しこんがり焼いてみよう」とおしゃべりも弾みました。

出来上がったドーナツにチョコクリームやスプレーをかけて完成です。一口食べて「美味しい」と歓声が上がりました。

帰るときには、すっかり笑顔になり、たくさん焼いたので家族にお土産ができたと喜んでいました。

2学期は、行事が多いですが、料理をすることで気分転換にもなりますね。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 放課後クラブぴあでは、修学旅行に行く中学生と一緒に、修学旅行について見通しが持てるよう事前学習を行い...
  2. ~自閉スペクトラム症とセクシュアリティ支援~{包括的性教育と性的同意}1月14日(金)18:...
  3. 1月11日(火)~17日(月)の期間でぴあ・いろはプラスでは、児童発達支援の小さい子どもさんも、放課...

カテゴリー

アーカイブ