最新の取り組み

TTAPアセスメント

ぴあ・いろはプラスでは、高校生を中心に将来の就労をイメージした仕事の練習を始めました。仕事の練習の前には、アセスメントを行います。そのひとつにTTAPを採用しています。TTAPは、自閉症スペクトラムの移行プロフィールで、教材セットを使用してアセスメントをしていきます。TTAPは、事業所、家庭、学校の3尺度、職業スキル、職業行動、自立機能、余暇スキル、機能的コミュニケーション、対人行動の6領域です。これらをまとめることにより、本人の強みと弱みを知り、今後の支援について検討するための資料となります。

ぴあ・いろはプラスでは、TTAPアセスメントを支援に生かすため、今後も個別に実践していきたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月18日(金)18:30~20:30、川崎医療福祉大学の自閉症特別講座の第6回を受講しました。
  2. 6月19日(土)、ASD基礎講座がZoomで開催されました。
  3. 2021.6.22

    自立課題
    ぴあ・いろはプラスでは、適切な余暇を過ごしたり、仕事の練習をしたりするときに、自立課題を使って学習に...

カテゴリー

アーカイブ