最新の取り組み

仕事の練習

ぴあ・いろはプラスでは、高校生を中心に将来の就労をイメージした仕事の練習を始めました。まずは、高校3年生から行っています。

仕事の練習を始める前には、TTAPやESPIDD、BWAP2でアセスメントを行い、保護者や本人と結果を共有し、本人の希望を聞き、事業所からの提案を行い、相談して練習内容を決めました。

高校3年生のA君は、仕事の持久力を延ばすこと、職場で想定される仕事を体験してみることになりました。まず、仕事の持久力を延ばす練習では、メモ帳作りを行いました。タイマーを利用し、まず20分見通しを持ってトライしました。作り方は、手順書があり分かりやすかったため、自分なりの効率アップの工夫も行いことが出来ました。階段掃除の練習では、初めに職員がモデルを見せ、同じようにやってみました。とても丁寧に掃くことが出来ました。

仕事の練習の後は、職員と一緒に感想や気づきを振り返ります。「手順書があったので、わかりやすかった。」「20分は大丈夫でした。」「階段を掃くのはちょっと疲れる」など素直な感想を聞くことが出来ました。

就職の前に仕事の練習をしておくことで、少しでもご本人のスキルにつながればいいなと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月18日(金)18:30~20:30、川崎医療福祉大学の自閉症特別講座の第6回を受講しました。
  2. 6月19日(土)、ASD基礎講座がZoomで開催されました。
  3. 2021.6.22

    自立課題
    ぴあ・いろはプラスでは、適切な余暇を過ごしたり、仕事の練習をしたりするときに、自立課題を使って学習に...

カテゴリー

アーカイブ