最新の取り組み

家庭訪問での取り組み

放課後クラブぴあでは、家庭訪問をさせていただき、継続的に支援をさせていただいている事例があります。家庭訪問では、保護者の相談にのったり、学校での様子を聞いたり、本人の興味関心のあることでお話をしたり、一緒に活動をしたりします。また、家庭生活のアドバイスをしたり、必要な教材を提供したりもします。すべて個別の内容、対応になります。

今回は、定期的に家庭訪問させていただいている中学生と一緒に、植木鉢に盆栽風の植物を植えました。植物に興味を持っているお子さんなので、今までに多肉植物の寄せ植えやサボテンの植え替えなどをしました。作業しながらコミュニケーションをすることで、リラックスしてもらうことができ、質問に答えるなどやりとりがスムーズになります。また、笑顔が多くみられます。

家庭訪問での取り組みは、学校での支援会議で報告をさせていただいています。お子さんの興味のあること、活動の様子、生活の様子などを情報共有することが大切だと感じているからです。お子さんにかかわる支援者と保護者が情報を共有し、家庭、学校、福祉でできることを一緒に考えさせていただくことは、支援を行う上でとても重要です。

お子さんの将来に向けて、今できることを考え実践していきたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021.10.14

    本のご紹介
    放課後クラブぴあには、様々な書籍があります。時間がある時に、職員も読んでいます。
  2. 2021.10.14

    Iパッドの活用
    放課後クラブぴあ/療育ルームいろはでは、放課後等デイサービスの1年生を中心に、Iパッドを使用して言葉...
  3. ぴあ・いろはプラスの放デイでは、高等部卒業後の社会生活を見据えて、施設外で実習を始めている子どもさん...

カテゴリー

アーカイブ