最新の取り組み

アセスメントの学びをしました

ぴあ・いろはプラスでは、新入職員を対象にアセスメントツールの使い方や支援方法について、事業所内で研修を行っています。今回は、PEP3の使用方法について研修を行いました。利用児さんの得意なところや興味関心のあることなど、今の姿を少しでも知って、支援に生かしていけるように努めていきたいと思っています。

まず、職員が2人組になって、セッションの練習を行っています。新入職員に子ども役をしてもらい、体感してもらいました。その様子をビデオ撮りして、教材を使ったやり取りの仕方を学びました。

ビデオを見ながら、教材の出し方や声かけの仕方などを確認していきました。練習は職員同士で行いましたが、幼児さんを対象に行うときは、注意を引いたり、モデルを示すタイミングが難しいこともあります。

職員同士、繰り返し学び、知識や技術を深めていく必要があると改めて感じています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月18日(金)18:30~20:30、川崎医療福祉大学の自閉症特別講座の第6回を受講しました。
  2. 6月19日(土)、ASD基礎講座がZoomで開催されました。
  3. 2021.6.22

    自立課題
    ぴあ・いろはプラスでは、適切な余暇を過ごしたり、仕事の練習をしたりするときに、自立課題を使って学習に...

カテゴリー

アーカイブ