最新の取り組み

仕事の成果をあげる三要素

 3月9日、ぴあ・いろはでは月に一度の職員会を行いました。新型コロナウイルス感染拡大予防の取り組みの確認をメインに、療育の取り組みの報告や確認などを行いました。室内は、サービス提供ごとにおもちゃや机椅子を消毒し、検温の徹底、スケジュール表示して手指の消毒することなどを全職員で確認しました。
 また、今回の職員会では、「仕事の成果をあげる三要素」について、職員各自の半年の業務上の目標を発表しました。「知識」「やる気」「技術」の三要素について、常勤や非常勤、事務職員など、それぞれの立場で自ら考えた目標です。常勤職員では支援技術の向上や専門知識の習得、非常勤職員では準備や環境整備、しっかり報連相しながらの個別対応、事務職員では、事業所の窓口としての適切な対応、自閉スペクトラム症の障がい特性理解などが上がっていました。「私生活の充実」「気持ちの切り替え」もたくさん上がっており、一同で納得してしまいました。半年後に目標の達成の確認もしたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020年6月1日各 位特定非営利活動法人ゆいねっと新居浜放課後クラブぴあ新居浜市高...
  2. 5月18日(月)~22日(金)の間、療育ルームいろはでは、5月行事『マグネットづくり』を行い...
  3. 5月18日(月)~22日(金)の間、ぴあでは『フライドポテト作り』を行いました。

カテゴリー

アーカイブ