最新の取り組み

高校生ボランティア

 冬休みに入り、ぴあいろはでは高校生ボランティアを受け入れています。障がい児福祉の仕事を見たり体験してもらうことで、児童福祉について興味を持ってもらったり、仕事に対する意識を持ってもらえればよいと思います。
 体験内容は、室内の掃除、おもちゃや教具のアルコール消毒、自立課題の準備片づけ、対人ゲームの対応(ぴあ)、プレイエリアでの対応(いろは)行事の準備片づけ、おやつの提供などです。
 ボランティアに来てくれた高校生は、「普段小さい子に接することがないので、ゲームなどでかかわりを持てて楽しかった。」「いろいろなお世話で忙しいのではと思っていたが、自立的に過ごしている子が多くてびっくりした。」などの感想をもったようでした。
 支援に準備が大切なことや、成長に沿って必要なことを学ぶことの大切さや、自閉スペクトラム症の特性などを少しずつ知ってもらい、ナチュラルサポーターになってほしいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 7月6日に、福祉センター2階にて、第65回 ゆいねっとStudy倶楽部『非常時の対応について~新型コ...
  2. 2020年7月1日各 位特定非営利活動法人ゆいねっと新居浜ワークチームゆい新居浜市南...
  3. 6月15日(月)~6月19日(金)の間、ゆいねっと新居浜が運営する成人期の日中活動事業所 ワークチー...

カテゴリー

アーカイブ