最新の取り組み

フルーツポンチ作り

キャプチャ
 
 療育ルームいろはでは、9月3日から7日の一週間、フルーツポンチ作りを行いました。
 
材料は、みかんの缶詰、バナナ、りんごの寒天、カルピスです。療育ルームいろはのおやつ作りでは、写真の手順書を使用し、作り方が見てわかるように準備されています。日頃からブロックの組み立てやゲームなどで手順書を使う体験をしているので、手順書をめくりながら写真を確認することに慣れてきています。見て理解することが得意な特性のお子さんが多いため、言葉だけで説明されるよりわかりやすいようです。
 
また、苦手な食材を避け、食べたい材料を選ぶことのできるジグを使いました。みかんだけにする子、バナナだけにする子、それぞれでした。これからも食材を選択する機会を準備したいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  9月6日、川之江文化センターにおいて行われた、「TTAPを活用したアセスメント研修...
  2. 1. ゲーリー・メジボフ先生の講演会 9月2日、川崎医療福祉大学...
  3. 7月28日から8月6日の10日間、TEACCHプログラムの視察研修のため、早稲田大学教授の梅永雄二先...

カテゴリー

アーカイブ