最新の取り組み

第46回ゆいねっとstudy倶楽部

第46回study倶楽部

 8月6日(月)、総合福祉センター4階にて、第46回ゆいねっとStudy倶楽部を行いました。今回のテーマは、スケジュールやワークシステム、コミュニケーションブックなどを使った支援の体験です。
 まずは、パワーポイントで当日の体験メニューと各活動の説明を行った後、2グループに分かれてスケジュールを確認しました。
 続いて、それぞれのスケジュールに沿ってワークシステムを使った自立課題(ワーク)や1to1(職員とおべんきょう)、対人ゲーム、PECS(ペクス)を使ったおやつセッションと活動を進めていきました。
 体験される中で感じたことや質問、先輩ママの体験談など、和気あいあいとお話ししながらの和やかな会になりました。実際に体験してみることで、お子さんの使っている支援グッズや構造化の意図、わかりやすさを感じて頂けたようです。アンケートにも早速ご家庭で取り入れてみたいとの感想が多く寄せられました。たくさんのご参加ありがとうございました。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  9月6日、川之江文化センターにおいて行われた、「TTAPを活用したアセスメント研修...
  2. 1. ゲーリー・メジボフ先生の講演会 9月2日、川崎医療福祉大学...
  3. 7月28日から8月6日の10日間、TEACCHプログラムの視察研修のため、早稲田大学教授の梅永雄二先...

カテゴリー

アーカイブ