防犯訓練

 6月1日、ぴあいろは合同職員会にて、防犯訓練を行いました。新居浜市警察署生活安全課から2名の警察官の方に来ていただいて、職員11人で防犯訓練を行いました。
 まず、不審者に手をつかまれたり後ろから抱きつかれた時の逃げ方を教わりました。手を引く向きを工夫して勢いよく振りほどく方法や、両手を合わせて相手の顔めがけて突くようにして振りほどく方法など、女性でもできそうな方法を教えていただき、2人1組になって実践してみました。また、身近な携帯電話、傘などを使って目や鼻、急所などを攻撃すると逃げられるということを教えていただきました。不審者には近づかない、施錠できる室内に逃げる、早く110番に電話することが優先であることを再確認しました。そのためには、職員間で役割分担をしっかり行い、自分の役割をきちんと把握しておくことが大切であると思いました。
 ぴあいろはでは、防犯のため入り口の扉は利用児さんの利用中は常に施錠されていますが、送迎時は解放されており、複数の保護者の方や利用児さんが靴箱付近にいる場合があります。いざという時には、職員が的確に保護者に指示を出し、利用児さんの安全確保と非難誘導ができるように、複数で対応したいと思います。また、事業所の近くに来られている方にはこちらから挨拶などで声かけを行い、防犯を意識した取り組みを行いたいと思います。

防犯訓練