最新の取り組み

強度行動障害支援者養成研修 参加

 10月11・19・20日 1月11日の4日間で、今治の強度行動障害支援者養成研修に参加してきました。
 氷山モデルや4つのプロセス、支援の手順書作成、記録用紙の作り方についての講義を聞いた後グループワークを行いました。
 グループワークでは、実際にケースを取り上げるために例文を使いどういう流れで行うか話し合いながら練習しました。
 各事業所に帰り実際に、ケースを取り上げ氷山モデル・4つのプロセス・支援の手順書作成・記録用紙を作成し、記録を取ってその内容をグループで発表しました。
 実際に行うと本で勉強するのと違い、難しいと思うこともありましたが、完成すると達成感がありました。
 この研修で学んだことをこれからも生かしていきたいです。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  9月6日、川之江文化センターにおいて行われた、「TTAPを活用したアセスメント研修...
  2. 1. ゲーリー・メジボフ先生の講演会 9月2日、川崎医療福祉大学...
  3. 7月28日から8月6日の10日間、TEACCHプログラムの視察研修のため、早稲田大学教授の梅永雄二先...

カテゴリー

アーカイブ