シンポジウム『問題行動への支援~行動障害を起こさせないために~』 報告

 1月28日(日)新居浜市総合福祉センターにて、社会福祉法人わかば会主催のシンポジウム『問題行動への支援~行動障害を起こさせないために~』がありました。法人からは、事例発表で参加させていただきました。
 まず、社会福祉法人旭川荘の川西大吾氏、NPO法人ライフサポートここはうすの桑原綾子氏から、自閉スペクトラム症の障害特性、構造化、氷山モデル、誤学習についてわかりやすく教えていただきました。
 事例発表では、『地域での支援』と題して、児童発達支援、放課後等デイサービス、生活介護の事業所で、保護者や地域の支援者と連携をしながら支援を進めた事例を報告しました。どの事例も氷山モデルを使用し、障がい特性や環境要因を考え、支援方法を検討したことをお伝えしました。
 障がい者支援施設くすのき園の事例発表では、入所施設内での問題行動への支援について報告していただきました。行動記録を取ることで事実に基づいたアセスメントを行い、氷山モデルで支援を検討し、チームワークで生活全般を見直した丁寧な支援でした。
 また、生活支援センターわかばの大江真輔氏から新居浜市の実情についての報告もありました。必要とされる支援が提供できる事業所の不足や、ご本人さんの生活がやりがいや充実感のあるものになるための支援の重要性や、親亡き後の支援の社会化の問題などを教えていただきました。
 貴重な体験をさせていただいたとともに、よりよい支援のための努力と、保護者や地域の支援者とのより一層の連携の必要さを感じることができました。

Read More

はまさい☆冬の七夕コンテスト

はまさい授賞式

冬の七夕

 1月28日(日)、登り道商店街にては「まさいフェスティバル」が開催されました。毎年恒例の企画「冬の七夕コンテスト」では、ぴあ・いろはをご利用の子どもたちと七夕飾りを製作してエントリーし、今年は『新居浜商店街連盟賞』を受賞しました。イベントに訪れた沢山の方に、子どもたちの作品を見ていただけたのではないかと思います。寒さの厳しい中作品を見に足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。今後も、ぴあ・いろはでの取り組みを地域に発信できる機会を大切にしていきたいと思っています。

Read More

かきぞめ(いろは)

 あけましておめでとうございます。
 今年も療育ルームいろはをよろしくお願いいたします。

 新年、最初の行事は「日本の季節行事に親しんでもらおう」ということで、「かきぞめ」を行いました。毎年1月の恒例行事です。
 初めてかきぞめをする子どもさんなどは筆で半紙に自由に線を書いてもらいました。みんな半紙いっぱいに力強く書いてくれました。
 ひらがなが書ける子どもさんは「ゆめ」、「はる」のお手本から好きなほうを選び、お手本を見ながらかきぞめをしました。お手本の文字をよく見ながら丁寧に書いていました。去年は半紙から文字がはみ出ていた子どもさんがきちんと半紙の中に文字をおさめることができるようになっていたりと子どもさんの成長を感じられる場面もありました。
 書き上げた作品は職員が台紙に貼って仕上げ、ご家族の方にも見ていただきました。保護者の方も子どもさんの作品を喜んでくださいました。
 今年も子どもさんが達成感や楽しさを感じられる行事を企画していきたいと思います。

かきぞめ(いろは)

Read More

職員交流会

 12月28日に職員交流会を行いました。
 職員交流会とは、法人全体の支援の質を上げるために各部署の職員が集まって、毎回テーマに沿った話し合いや情報共有をする会です。
 今回の内容は、内職(付箋袋閉め)のジグを作るためのワークシート作成でした。
 3人のメンバーさんを対象者として、3グループに分かれてそれぞれの特性に合った方法で出来るようなジグを作るためのワークシートを作成し、完成したワークシートの内容を発表しました。
 それぞれの特性を考えながら作成していくといろいろな形のジグがありました。
 内職だけでなく課題を作る時にも、特性を考えながらどんな形がやりやすいか、分かりやすいか考えながら作成していきたいと思いました。

H29.12.28 交流会

Read More